寝具が不眠要素になることもある

 

今回は睡眠に関わる要素として

意外と見落としがちな

寝具についてお話していきます。

まず寝具は自分に合った

寝やすいもの、寝てて疲れない

ものを使うのは基本だと

思いますが、特にベッドなどは

弾力性も大事ですよね。

ふかふかな柔らか過ぎるものや

後は経年劣化でバネが弱って

しまうパターンもありますが

身体が沈みすぎてしまうと

寝返りがうちづらいです。

思いどおりに寝返りがうてない

ため、同じ姿勢が長く続いて

しまい身体がつらくなって

目が覚めてしまう・・・

マットレスも同様のケースが

ありますので注意してください。

 

他には寝具の湿度が高いと

深い睡眠の妨げになると

言われています。

シーツやカバー類、パジャマなど

肌に直接触れる部分は特に

なるべく通気性の良いものを

選ぶといいと思います。

 

後は温度も重要な要素ですね。

少し暖かくなってきていますから

真冬と同じフトンを使っていると

暑くてぐっすり眠れなかったり

逆に真冬に足元が冷えてしまい

眠りが浅くなることもあります。

冬は定番ですが湯たんぽで

足元を冷やさない方が

よく眠れますよ。

 

寝巻きやパジャマも吸湿性に

優れ、締め付けのきつくない

ものを選びましょう。

 

アシスト接骨院   鈴木

 

当院院長の著書が

発刊されました!

 

『健康は尾骨が9割』  

冨田公央 著

朝日新聞出版  

定価1300円+税

img_20161115_114741

全国の書店、アマゾン等

絶賛発売中です!!

 

===お気軽にご相談ください===

 

<マタニティ整体>

1回・・・5000円 (60分目安)

 

筋骨格調整・内臓調整・頭蓋骨調整・

カウンセリングとママさんの“困った”に

応じた治療を行います。

 

妊娠中の自律神経失調症・腰痛・恥骨痛

頭痛・肩こり・足のむくみ・不眠・不安・

ストレスでお悩みの方はご相談ください!

 

無料相談はお電話または

こちらからお申込み頂けます。

http://ashisuto-sekkotuin.com/contact

 

 

<自律神経失調症・うつ>

なかなか改善しない肩こり・腰痛

頭痛・めまい・顎の痛み・違和感

食欲不振・不眠などは

自律神経失調症かもしれません。

からだ支援 アシスト接骨院の

自律神経失調症専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/jiritsu

 

<スポーツ障害>

オスグッド・シンスプリント・シーバー

野球肘・テニス肘など

スポーツ障害でお困りの方

からだ支援 アシスト接骨院 

スポーツ障害専門整体

http://ashisuto-sekkotuin.com/athlete

 

 

関連記事

  1. 台風と自律神経 2

  2. 不眠症に良い食事とは?

  3. 自律神経失調症の人ほど寝具が気になる

  4. 自律神経失調症になりやすい精神的ストレスちょっと減らしてみませんか?

  5. コンプレックスにはエピソードがある

  6. 富士山が世界文化遺産のワケ

  7. まだあった思い込みの続き

  8. 1週間前から耳鳴りが気になりだして・・・