2024年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

本題に入る前に、1月1日に石川県を中心に北陸地方で大きな地震がありました。被害地の方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

今回は当院のニュースレター2024年1月号で配布している内容をこちらのブログでもお伝えしたいと思います。

ニュースレターの内容はいつも

「どんなテーマでお送りしようか?」

時事的なことや季節的なことなども含めてふさわしい内容になるように考えているのですが、

 

今回は新年一発目

ということもあって

2024年を健康に暮らせるために
必要なことを箇条書きにして
お伝えしたいと思います。

 

発達障害や自律神経の不調
さらには原因不明で治療法が
確立していないような不調

の背景には外部環境にその症状を誘発する要因が隠れていることが大きく、それらに関する情報はテレビなどの一般メディアでは発信されることがないため、多くの人が有害な環境の中にいること、そしてそれらによって不調を引き起こすことを知らずにいます。

海外では年々、ガンで亡くなる人が減っていってるのに、日本だけが増え続けていることをご存知でしょうか?

その背景には消費者が、ふだん消費しているものの中に人体に有害なものが使用されているのにそれらの使用に対する制限がゆるすぎるため、知らず知らずのうちに、その害に晒されている部分が非常に大きいことが考えられます。

残念ながら現在の日本は
国民の健康よりも
経済が優先されています。

そのため、何も知らないで生きていると、少しずつ体が病気に向かっていくようになっています。
ゆっくりと下りのエスカレーターの上を歩んでいるような状態なのです。

テレビの偏向放送は昔から問題視されていますが、最近ではユーチューブでさえも本当のこと、誰かにとって都合の悪いことは言わせないようになっています。

特に医療に関しては本当の情報が出てこないので、テレビだけをみて健康に関する知識を入れていては絶対に健康にはなれません!

今回は新年一発目ということもあって、

「健康に生きるために必要な8か条」

というテーマでお伝えします!

 

健康に生きるために必要な8か条

・食べ物じゃない物を食べない
・体温を上げる
・目に見えないモノの影響を知る(電磁波・化繊・香害の影響を知る)
・運動をする
・腸活
・よく噛んで食べる
・病気、症状は身体の声だと知る
・過ぎることをしない(過食、過眠、労働超過、筋トレなどの過負荷、テレビやユーチューブの情報を過信しない)

 

本来は10箇条であと2つほどあるのですが、そこについては薬事法やネットでの規制に引っかかってしまうため、ここではお伝えできないのですが、
せめてこの8箇条だけでも意識していただければと思います。

次回以降、これらについて少しずつ掘り下げてお伝えしたいと思います。

 

2024年もあなたの健康とご多幸をお祈りすると同時に、やりたいことができる体づくりをサポートできれば幸いです!

カラダ支援アシスト整体院 
冨田公央

 

 

 

 

関連記事

  1. 「ストレスと副腎の機能について」というセミナーに行ってきました!

  2. ママさんのケアも忘れないでください!

  3. 起立性調節障害の症例

  4. 昔は”五月病”なんて言いましたね

  5. 要介護予防のための準備の準備

  6. よく噛んで食べる

  7. セロトニンの栄養になるもの

  8. 睡眠時無呼吸症候群である事に気づかず・・・



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2946-7543

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F