湿邪対策③ 土の上の食物を摂る

タイトルの土の上の食物

トマトやキュウリ、ナス、ゴーヤなど

主に夏野菜といわれるものには

体内に滞った熱を出す作用があると言われています。

この時期冷たいビールが美味しいですが

ビールをたくさん飲まれる方は特にオススメです。


昔から旬の食べ物を食べることが一番の健康法と言いますが

やはりそれなりに理由があるんですね!

逆に冬は土の中の食物を食べるといいんだそうです。

ショウガやゴボウ、ニンニクなどの根菜類は血流をあげて

身体を温める作用があります。

冬の寒い時期には最適なんですね。


現代はクーラーや冷たい飲み物やアイスなどで

夏こそ身体を冷やしてしまいがちなので

身体を温める意味でこういった根菜類も取る必要があります。

特に甘い物が好きな方はオススメです。


胃腸が弱っているな~と感じている方は

小麦食より米食に切り替えましょう。


また、カボチャや長いもなども胃腸の調子をあげてくれます。

下痢気味や軟便傾向の人はこういった

食生活の見直しも必要です!

 

 

 

 

頭痛・めまい・耳鳴り

アゴの噛み合わせの不具合

不眠・胃腸障害にお悩みの方

からだ支援 アシスト接骨院には

自律神経失調症専門の整体があります。

お気軽にご相談ください!

 

関連記事

  1. 湿邪ってご存知?

  2. セロトニン受容体の作用

  3. レジ袋と自律神経の関係とは?

  4. 台風と自律神経 2

  5. 交感神経優位な人は寒暖差に注意!

  6. 昔は”五月病”なんて言いましたね

  7. 「湯たんぽ」はあなどれない?

  8. 富士山が世界文化遺産のワケ



からだ支援 アシスト整体院

電話 04-2942-0144

住所 〒359-0044 所沢市松葉町10-15 明光ビル4F